一般社団法人 日本写真作家協会 Web写真展  Japan Photographers Association

2012年11月17日掲載

山田 ひろし
Hiroshi Yamada


No.368
神奈川県湯河原町に在住、1974(昭和49)年にフリーの写真家として出発
1977(昭和52)年JCA日本クリエイターズ協会、東京本部代表を経て
1979(昭和54)年独立、山田フォートプロダクション代表として、
各大企業、行政、団体の広告企画制作、写真家として活躍
写真展は熱海で年3回から4回約16年間(MOA美術館となり救世会館)、
小田原、三重県、名古屋、東京、ブラジル国、タイ国などで開催
出版物は写真集「京・嵯峨野 光と風」平凡社刊を始め13冊


259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川61-1
電話 0465-63-0669 FAX 0465-63-0675
山田フォートプロダクション



昇仙峡は山梨県の甲府盆地北側に位置し、国指定名勝地に指定された観光地として知られている。
特に秋は渓谷の川沿いに紅葉が美しく、大きな奇岩が見られ、秩父多摩甲斐国立公園の代表的な景勝地として知られている。以前には山岳周辺で水晶などの発掘が盛んに行われ、印鑑や装飾品などの加工産業が多く行われて、それらの業者の土産物店が軒を連ねていたが、現在は、面影は少し残しているが、一般的な観光地土産物店へと変わっている。2011年11月撮影。



 秋の御嶽昇仙峡   Shosenkyo Valley in Autumn

各画像をクリックすると拡大表示します。Click to enlarge.  
各作品の著作権はすべて撮影者に帰属します。
二次使用は固くお断りいたします。


01 秋の昇仙峡渓谷

02 渓谷の巨大石の中を水が流れる

03 大きな岩肌を縫うように
   川が流れる

04 紅葉の赤が反射光で木の肌を
   赤く染めている

05 渓谷の流れの上を紅葉が染める

06 渓谷の柿

07 渓谷流れと紅葉

08 巨岩石の流れの上方に
   覚円峰が見える

09 巨岩石と紅葉

10 石門

11 人面岩
   (子泣き石と筆者名付け)

12 紅葉と覚円峰

13 渓谷沿いの真っ赤な紅葉

14 左に覚円峰、右に天狗岩

15 荒川ダム湖

16 富士山を望む
   (パノラマ台)

17 仙娥滝付近の岩道

18 仙娥滝の虹

19 仙娥滝付近の石塔への
お賽銭埋込

20 仙娥滝付近の石仏

21 天狗岩

22 富士山と紅葉
   (パノラマ台)

23 紅葉の山並み

24 紅葉の山と甲府盆地

25 山裾の紅葉と杉木立

26 南アルプス連峰・駒ヶ岳を望む

27 弥三郎岳

28 昇仙峡、紅葉の山並み
   (ロープウエイより)

29 昇仙峡パノラマ台からの
山並み眺望

30 パノラマ台からの富士山

31 昇仙峡の見事な紅葉


Copyright © Hiroshi Yamada and Japan Photographers Association 2012. All rights reserved.