一般社団法人 日本写真作家協会 Web写真展  Japan Photographers Association

2012年11月13日掲載

山田 ひろし
Hiroshi Yamada


No.368
神奈川県湯河原町に在住、1974(昭和49)年にフリーの写真家として出発
1977(昭和52)年JCA日本クリエイターズ協会、東京本部代表を経て
1979(昭和54)年独立、山田フォートプロダクション代表として、
各大企業、行政、団体の広告企画制作、写真家として活躍
写真展は熱海で年3回から4回約16年間(MOA美術館となり救世会館)、
小田原、三重県、名古屋、東京、ブラジル国、タイ国などで開催
出版物は写真集「京・嵯峨野 光と風」平凡社刊を始め13冊


259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川61-1
電話 0465-63-0669 FAX 0465-63-0675
山田フォートプロダクション



伊豆最古の宮・白浜神社の御祭神、三島大神(事代主神)は今から2200年以上も昔に、南方から海を渡って伊豆にやって来ました。伊豆の白浜に着かれたのは、その白砂の浜があまりにも美しかったからです。

白浜に着いた三島大神は、この地の富士山の神に会って伊豆の土地を譲っていただきました。三島大神は伊豆の土地が狭かったので、お供の見目(みるめ)の神様、若宮の神様、剣の御子、伊豆の竜神、海神、雷神の助けをかりて、島焼き、つまり島造りを始めました。

最初に一晩で小さな島を造り、はじめの島なので初島と名付けました。次に神々が集って相談する島、神集島(神津島)、次に大きな島の大島、次に海の塩を盛って白く造った新島、次にお供の見目、若宮、剣の御子の家を造る島、三宅島、次に三島大神の蔵を置くための御蔵島、次に沖の方に沖の島、次の小さな小島、次に天狗の鼻のような王鼻島(ほうでしま)、最後に十番目の島、十島(現在の利島)をつくりました。

七日で十の島を造りあげた三島大神は、その島々に后(きさき)を置き、子供をつくりました。その后と子供達は伊豆の各島々に式内社として祀られています。

白浜神社は「伊古奈比当ス(イコナヒメノミコト)神社」と言われ、事代主命の后で事代主神と共に主神として祀られています。事代主の神は「恵比寿様」として知られています。

伊豆・白浜神社のサイト 参照, 撮影:2012年10月28-30日) 



 伊豆・白浜神社 例大祭神事祭礼 (No.1)   2012 Festival of Izu Shirahama Shrine 1

各画像をクリックすると拡大表示します。Click to enlarge.  
各作品の著作権はすべて撮影者に帰属します。
二次使用は固くお断りいたします。


01 伊豆最古の神社「伊古奈比当ス神社」を白浜神社と言っております。

02 鳥居にある神社名

03 拝殿側から見た鳥居

04 神社拝殿

05 伊奈古比当ス神社(白浜神社境内)

06 見目弁財天(白浜神社境内)

07 白浜神社本殿参道入り口

08 白浜神社本殿参道

09 白浜神社本殿

10 本殿参道途中にある天然記念物指定の青桐樹林

11 境内にある白龍の御神木(白槙の木)

12 御神木、薬師の白槙(樹齢二千年)

13 薬師の白槙の祠の中に薬師如来像が安置

14 拝殿の彫刻は市の文化財指定

15 拝殿の彫刻の一部

16 目の神様

17 以前この場所にアスナロの木があり、幹のこぶの中にきれいな水があり、土地の人は、この水で目をあらうとどんな眼病も治ると伝えがあり、村人は目の神様と呼んでいました。今は枯れた為、この場所に目の神様として祀っています。

18 神社裏の海岸にある大明神岩

19 幟(ノボリ)立て奉告祭を厳かに行う

20 重くて長〜い幟(ノボリ)柱の運搬

21 幟柱運び(これも祭事のひとつ)

22 幟柱運び

23 幟柱の組み立て

24 幟柱組み立て完了

25 幟張り組み立て

26 幟張り組立作業

27 幟旗張り祭事の完了

28 例大祭ふれ太鼓が町内まわり

29 例大祭、子供御輿町内巡り

30 子供御輿神社に戻る

31 例大祭、奉納三番叟演舞
(無形文化財・下田市)

32 例大祭、奉納三番叟演舞
(下田市、無形文化財)

33 例大祭、奉納三番叟演舞
(下田市、無形文化財)

34 例大祭、奉納三番叟演舞
(下田市、無形文化財)

35 例大祭、奉納舞、子供神楽

36 例大祭、奉納舞、子供神楽

37 例大祭、奉納、子供太鼓

38 例大祭、奉納、子供太鼓

39 例大祭、奉納、連獅子舞

40 白浜神社、前夜祭、祭事

41 夕暮れ時、拝殿より境内の幟

42 前夜祭夕景時の雨天の拝殿
No.2へ →  



Copyright © Hiroshi Yamada and Japan Photographers Association 2012. All rights reserved.