一般社団法人 日本写真作家協会 Web写真展  Japan Photographers Association

2012年11月6日掲載

山田 ひろし
Hiroshi Yamada


No.368
神奈川県湯河原町に在住、1974(昭和49)年にフリーの写真家として出発
1977(昭和52)年JCA日本クリエイターズ協会、東京本部代表を経て
1979(昭和54)年独立、山田フォートプロダクション代表として、
各大企業、行政、団体の広告企画制作、写真家として活躍
写真展は熱海で年3回から4回約16年間(MOA美術館となり救世会館)、
小田原、三重県、名古屋、東京、ブラジル国、タイ国などで開催
出版物は写真集「京・嵯峨野 光と風」平凡社刊を始め13冊


259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川61-1
電話 0465-63-0669 FAX 0465-63-0675
山田フォートプロダクション



森のイスキアは、森の中にやすらぎと憩いの場を求めていた佐藤初女さんの思いを願う仲間や、初女さんを慕う人達の思いが叶えられ、1992年「森のイスキア」が青森県岩木山の麓に完成されました。
森のイスキアは苦しむ人、方向を見失った人、助けを求めて訪れるすべての人を受け入れ、佐藤初女さんは心をこめた料理でもてなし生活を共にしている。
1995年、映画「地球交響曲 第二番」に出演、佐藤初女さんの活動が多くの人に知られることとなり、現在は森のイスキアの活動の他、各地で講演会や料理講習会など幅広い活動を続けている。
ガールスカウト日本連盟顧問・青森明けの星高等学校同窓会会長・藤聖母園弘前大清水ホーム後援会会長を務めアメリカ国際ソロプチミスト協会賞・国際ソロプチミスト女性ボランティア賞・第48回東奥賞受賞。

森のイスキアのサイト 参照, 取材:1996年5月) 



 森のイスキア (佐藤初女さん)   'Mori-no-Ischia' - Voluntary Work of Hatsume Sato

各画像をクリックすると拡大表示します。Click to enlarge.  
各作品の著作権はすべて撮影者に帰属します。
二次使用は固くお断りいたします。

01 森のイスキア外観 (5月中旬なのに
   建物周辺は残雪が残っている)

02 玄関階段の佐藤初女さん

03 残雪残る建物裏にて

04 周辺の残雪残る地にフキノトウ

05 残雪の中から生えるフキノトウ

06 旬の食材を収穫する初女さん

07 採れたての食材をみる

08 フキノトウと岩木山

09 食材のフキノトウを収穫する

10 ツクシを収穫

11 収穫された旬の食材

12 周辺で旬の食材が採れる環境に
   恵まれている

13 初女さんは生きることについて
   優しく語ってくれました

14 初女さんと岩木山

15 足下に生えるフキノトウと岩木山

16 初女さんの手伝いの仲間の方々

17 鐘を鳴らす初女さん

18 アメリカ・コネチカット州ベツレ
   ヘムにあるレジナ・ラウデス修道
   院より寄贈された鐘

   (森のイスキアではお客様が
   帰るときに鐘をならします)

19 森のイスキア内部
   (十字架のある部屋)

20 森のイスキア内部

21 自宅周辺の食材による料理づくり

22 新鮮な旬の食材料理

23 初女さんがつくるオニギリは
   絶品で有名

24 皆で食卓を囲み談笑の場となる

25 周辺の旬の食材を生かした料理の
   一部

26 旬の食材を生かした料理の一部

27 旬の食材を生かした料理の一部

28 旬の食材を生かした料理の一部

29 旬の食材を生かした料理の一部

30 旬の食材を生かした料理の一部

31 森のイスキア 周辺の草花

32 森のイスキア 周辺の草花

33 森のイスキア 周辺の草花

34 周辺の残雪残る遅い春
   (5月中旬)

35 遅い春の芽吹き

36 周辺の岩木山が見える
   水芭蕉群生地

37 水芭蕉群生地

38 水芭蕉

39 自宅周辺の水芭蕉群生地と
   岩木山

40 遅い春を迎えた岩木山
   (5月中旬)

41 山麓に桜咲く岩木山


Copyright © Hiroshi Yamada and Japan Photographers Association 2012. All rights reserved.