一般社団法人 日本写真作家協会 Web写真展  Japan Photographers Association

2012年8月20日掲載

山田 ひろし
Hiroshi Yamada


No.368
神奈川県湯河原町に在住、1974(昭和49)年にフリーの写真家として出発
1977(昭和52)年JCA日本クリエイターズ協会、東京本部代表を経て
1979(昭和54)年独立、山田フォートプロダクション代表として、
各大企業、行政、団体の広告企画制作、写真家として活躍
写真展は熱海で年3回から4回約16年間(MOA美術館となり救世会館)、
小田原、三重県、名古屋、東京、ブラジル国、タイ国などで開催
出版物は写真集「京・嵯峨野 光と風」平凡社刊を始め13冊


259-0302 神奈川県足柄下郡湯河原町門川61-1
電話 0465-63-0669 FAX 0465-63-0675
山田フォートプロダクション


インドネシアのバリ島は観光の島で、観光産業の収益で経済が成り立っている面が多く感じられる。又、農林漁業も行われて30%以上の人が従事している。水田耕作のほか、果物類、根菜類、ココナッツ、コーヒー栽培が盛んになっているという。



 インドネシア紀行 No.7(バリ島)
    Travel in Indonesia No.7 - Pulau Bali, May 1994

各画像をクリックすると拡大表示します。Click to enlarge.  
各作品の著作権はすべて撮影者に帰属します。
二次使用は固くお断りいたします。

01 バリ島、裁判所跡

02 バリ島裁判所遺跡に毎日供え物が
   置かれている

03 裁判所遺跡の庭

04 裁判所遺跡

05 裁判所遺跡の天井には人の道に外れ
   ないよう諭す絵画が描かれている

06 バリ島市内の飲食店

07 バリ島市内の飲食店

08 バリ島、街道筋の物売り

09 バリ島地元民の商店街

10 バリ島市内の街角には至る所に
   神仏への供え物が置かれている

11 バリ島の街道で出会った葬儀の
   人達

12 バリ島の街道筋の人達
   (車中から)

13 バリ島、街道にあるレストラン

14 街道にあるレストランでは食事
   中にガムラン音楽が楽しめる

15 街道のレストランの向かいに
   ある棚田

16 バリ島市内のバティックの店

17 店内裏にあるバティック工場

18 バティック工場内では多くの
   女性が作業していた

19 バティック工場内の作業

20 バティック工場では年配の女性も
   作業していた

21 バティック工場内での作業

22 バティック工場内での作業

23 工場内のパターン染めの作業

24 バティック工場内の作業

25 工場裏地で遊ぶ従事者の子供達

26 バリ島マス村にある観光ガイドの
   スダさん宅訪問

27 ガイドのスダさん宅の礼拝施設

28 スダさん宅の兄弟家族

29 スダさん宅の父母と息子さん

30 ガイドのスダさん宅の庭の
   供え物所

31 スダさん宅の礼拝施設

32 スダさん宅の寝室

33 バリ島、マス村にあるガイドの
   スダさん経営の彫刻店

34 ガイドのスダさん経営の彫刻店
   の作業員

35 ガイドのスダさん経営の彫刻店

36 バリ島マス村にあるスダさんの
   彫刻店

37 彫刻作業員に混じって子供も
   まねごとしながら遊ぶ

38 家族的な雰囲気の作業情景


Copyright © Hiroshi Yamada and Japan Photographers Association 2012. All rights reserved.